「レーシックの副作用」

レーシック手術は、直接眼を触りますので、術後全く副作用が起こらないとは
言い切れません。
しかし、どの副作用も一時的なものですので、もし次のような症状が出たら、主治医に
相談しましょう。

ます、「ハロ」と呼ばれる症状ですが、治療後に夜の街中などの光を見ると、光の周囲が
ぼやけたり、かすんで見える状態のことです。
長くても3ヶ月程度で消えるそうで、日常生活に支障をきたすことはありません。
しかし、夜間車の運転をするなど支障があると感じたときは、運転を控えるなどして
ください。

次にドライアイですが、これはコンタクトレンズを長く使用したり、パソコンでの作業を長時間しているような方にも見られる症状で、眼が乾燥する症状のことです。
居場所や天候によって起こることもあり、眼を開けることが辛い、あけていられない
など、程度は様々です。
ドライアイを感じたら、すぐに病院で見てもらいましょう。悪化すると角膜で炎症が起こり、一時的ですが乱視が発生する場合がありますので。
通常であれば1ヶ月程度で回復していきます。

そして、コントラストの低下も副作用の一つです。
フラップの状態によって起こる副作用なのですが、わずかな色の濃淡による差がわかり
にくくなり、なんとなく見えにくいと感じる症状です。
手術後、暗い夜道を運転する際に人影がわかりにくいなど支障をきたすと感じた場合は
すぐに主治医に相談してください。

最後に夜間の視力低下が挙げられます。
角膜を削ることで、夜間性近視の方はレーシックで起こる副作用になります。
ほとんど自覚しない方が多いのですが、長期間ハードコンタクトを使用していた方や、
瞳孔が大きく開く方は気づくかもしれませんね。

と、副作用のお話をしていきましたが、これらの副作用は想定範囲内ですので、
症状が現れたときは、早めに主治医に相談してください。
すると、改善のための薬を出してくれますので、きちんと飲むことで症状は改善されて
いきます。
副作用と聞くとなんだか怖い感じがしますが、そもそも薬自体が副作用を持っています
ので、レーシックでなくても風邪薬を飲んでも副作用はあります。
ただ、副作用の程度を軽減させるためには、主治医の言うことをきちんと守り、
手術後は目を酷使しない、疲れさせない、言われている薬はきちんと飲み、してはいけないといわれていることは、きちんと期間を守るなど、きっちり守るだけでも副作用を
起こす原因を減らすことができます。

自分の管理不足で起こる副作用もありますので、手術後の生活の仕方などをしっかり
医師に確認してくださいね。

MAIN MENU