「レーシックのすごさ」

レーシックはここ数年で格段に技術が向上しています。
その工場している技術にともない、手術方法もいろいろ出てきました。
ひとそれぞれ目は違いますし、目が違うということは目が抱えている問題も違います。
一昔前までは、角膜が薄すぎるとレーシックは受けられないと言われていたのですが、
最近では角膜を削らないエピレーシックという方法もでてきましが。

なぜ、これだけレーシックの技術が向上しているかというと、それだけ必要としている
人が多いということです。
私が思うレーシックのすごさというのは、ただ単に目が見えるようになる人が増えた
ということではなく、手術ができない(内科的要因を省く)人のために
どんどん技術や機械が進化して、手術ができるようになっているところだと思います。

手術が受けられないような方が実は一番レーシックを必要としているのでは
ないでしょうか。
手術を受けられないような目の問題を抱えているということは、それだけ視力も悪く
眼鏡やコンタクトレンズなしでは歩くこともできない人がほとんどだと思います。

そういう、目の問題が大きな人たちこそレーシックを受けられるようになるというのが
レーシックのすごいところだと思います。
しかも、レーシックが日本で認可されたのは2000年ですので、日本での歴史は
まだ10年ほどしか経っていません。

10年ほどの間にこれだけ進化していること自体、とてもすごいことだと思います。
レーシックの初期に比べると手術時間も短くなっていますし、以前は「フラップ」を
戻したときに凸凹があり、視界不良になる方が多かったようですが、今では皆無に
等しいと思います。

レーザーを照射するときも、以前はずれてしまったり、フラップの作成もメスでおこなっていたので、ヨレやゆがみがあり後遺症などの原因になりやすかったのですが、今の機械はコンピューター制御ですので、レーザー照射のときに目が動いても自動で追いかけ
ることができますし、成功率がとても高くなっています。

アイレーシックという手術方法がありますが、レーシックの中でも最高技術だと言われています。普通にイントラレーシックでも見えるようになります。
ただ、アイレーシックは、景色の見え方や物の素材感、色調などをより鮮明になる
ようにと開発された手術方法なのですが、やはり見え方が違うそうで、とても
クリアに見えるそうです。

レーシックの安全レベルもあがってきていますし、機械自体の機能も向上しています。
レーシックを受けたいという方は、いろいろな手術方法がありますが、きちんと自分の
している仕事内容や、今後やりたいことなど、細かく主治医にお話することが
自分のも目標視力に近づけると思いますので、いろいろ先生とお話して自分に一番
適している手術方法で施術を受けるようにしましょう。

先生もいろいろお話してくれるほうが、あとから「こんな視力では・・・」
と思うこともなく、皆さんのご希望に添えるように考えてくれると思いますよ。

MAIN MENU