病院選びをきちんとしよう

私はすごく目が悪いです。
近視のうえ、乱視まであります。
中学校の時に、目が悪くなり、メガネを使用することになりました。
あまり、メガネは好きではありませんでした。
かけることによって、顔の印象が変わります。
似合う人もいますが、私自身は、とても似合うというものではありませんでした。
しかし、そんなことは言っていられません。
普段はメガネをかけないようにしていましたが、授業中はかけないわけにはいきませんでした。
しぶしぶかけていたのですが、なぜだかいつも頭が痛くなってきました。
最初のうちは理由がわからなかったのですが、メガネ自体が私には合わなかったようです。
それからは、コンタクトレンズの使用に変えてみました。
初めてコンタクトレンズを使用してみて、こんなにすっきり見えるのかということに感動しました。
しかし、値段も結構します。
視力に変化がなければ2,3年はもつというのです。
しかし、このすっきり見えることに喜びを感じました。
以前の目が悪くなる前には、こんなにすっきり見えていたのかと思うと少し残念でした。
しかし、こんなに良い矯正方法があったことに感謝しました。
メガネがあまり好きではない人には、とてもありがたい矯正方法です。
そんなこんなで使用して30年近くなりました。
2,3年に1回のペースで新しいものに交換していました。
場合によっては、2年未満での交換になるため、費用を考えると、親から払ってもらっていた時には少し申し訳なく感じていました。
しかし、コンタクトレンズは、視力の矯正をするときには素晴らしい商品です。
しかし、レーシックという方法もあります。
これは角膜矯正手術の一種で、目の表面の角膜にレーザー照射し、角膜の曲率を変えることにより、視力を矯正する手術です。
角膜の矯正手術をすることにより、正視の状態に近づけるのです。
こんなに良い矯正方法というのはとても魅力です。
しかし、費用が掛かります。
しかし、長い間コンタクトレンズを使用してる人から考えると、コンタクトレンズの費用を考えると、高いということではないのです。
しかし、手術というと、やはり考えてしまいます。
まして、目となると少し怖い気もします。
そのことから、視力の矯正には良い方法で、魅力的だと思っていても、躊躇してしまう人も多いと思います。
確かに、合併症が伴う場合もあります。
レーシックを受ける患者さんの状態にもよるのですが、後遺症として残る場合もあります。
しかし、その確率はとても低いものです。
そして、手術時間も両眼で数分程度で終わります。
そして、点眼麻酔をするので、痛みもほとんどありません。
病院選びの際に、実績の多いところを選んだり、アフターケアをしてくれるかといったことなどを確認し、きちんとした病院を選ぶことによって、不安も少なくなると思います。
そのため、レーシックを受ける人も多くなってきています。
レーシックを受けた人は、裸眼でこんなに良く見えると感動しています。
そして、常にメガネやコンタクトレンズで矯正していたのですが、そうゆうことをする煩わしさもなくなったといっています。
経験した人はみなレーシックをうけてよかったという結果を残しています。

MAIN MENU