レーシックと視力矯正コンタクト

先日テレビで、視力を良くするために夜つけて寝るコンタクトが紹介されていました。
私も小学校4年生の頃から視力が低下し始めて、病院でみてもらったところ遺伝性の近視だと言うことがわかり、一生治らないどころかどんどん視力が低下していくといわれました。
ですが、メガネもありますし、コンタクトもあるのでそれに慣れてしまうと、特に普通に過ごせています。
しかし、お医者さんに言われたように、視力も年々落ちていくということだったので、最近ではコンタクトも使い捨てのものを使用して、その時の視力に応じて購入しています。
このところ視力がだんだんと落ちてきてしまい、その使い捨てのコンタクトもそろそろ視力に合うものがなくなってきました。
そこで、レーシックにも興味を持っているのですが、ある程度レーシックについては知識があったり、周りにも手術を受けた友達がいるので、内容は知っていましたが、その視力矯正コンタクトとどういった点で違いがあるのかを興味を持ってテレビを見ていました。
どちらも眼球の形を調整して視力を回復させるというものですが、レーシックはレーザーを照射するために、簡単な手術が必要だと聞きました。
その視力矯正コンタクトは眼球の形を変形させるために、眠っている間にコンタクトをつけておくというものでした。
手術するのにすこし恐怖心があったので、レーシックを受けるのをためらっていたので、視力矯正コンタクトはその点では魅力的だと感じました。
実験したタレントさんも裸眼で2.0まで見えていたので、効果もありそうだと思いました。
視力矯正コンタクトは1日だけでは効果は長続きせず、毎日寝る前につけておくとだんだん視力を持続する時間長くなっていくということで、根本的に良くなるわけではないから、手間は起きてるときにコンタクトをするのと同じ気がしました。
料金は両目で16万円から25万円とのことで、それほど安くはないなという感じもしました。
その他にテスト用のレンズのレンタル料がかかるという話もあり、明確にいくらかかるのかがはっきりしないと不安で受診する気にならなかった。
やはり一番気になるのは料金ですし、レーシックだと一番安くて10万円ぐらいと聞きました。
友達が近くの病院で受けたのはだいたい30万円くらいと聞いています。
片目15万円とすると、今使っている使い捨てコンタクトレンズの代金が1ヶ月片目で3,000円ほどですから、50ヶ月、4年と2ヶ月使ったらもう手術するほうが安いということになります。
そうやって明確に金額がわかれば現在かかっている費用との比較ができて、何年でもとがとれるかと考えることができる。
ただ、レーシックで気になるのは老眼になってきたらどうなってしまうのだろうかという点です。
私ももう40歳になったので、そろそろ老眼になるということも考慮して考えなければならないので、一度レーシックを行っている病院に行って相談してみようと思っています。
もし値段が高くてもアフターサービスが万全な手術であれば、視力の調整を都度してくれるという話も聞いたことがあるので、それであれば今後も長くお付き合いしていただけるかなと思っています。

MAIN MENU