レーシックお勧めなわけはココです

レーシックとメガネを結果的に比較してみると、手術の有無のみで考えるとレーシックが99%の安全保障というリスクがありますが、精密な調整のため、裸眼状態でよい視力になります。
ただし、近視などが進むと、再手術の必要はあるかもしれません。
視力を矯正するという状態ではないので、目の疲れが少ないです。
メガネは、かけるだけですから100%無害ですが、着脱が必要なことと、度がきつい場合、焦点を遠くにつくる関係で実際より、ものが小さく遠くに見えます。
近視が進むとメガネの度数で調整し、レンズのつくりなおしが必要になります。
矯正視力で目が疲れたら、メガネをはずせます。
以上がレーシックを選ぶべきか選ぶべきでないかの大きな着眼点になります。
では、さらに金額的な見地からも考えてみましょう。
レーシックの手術は両眼する勇気プラス約20万円が1回必要です。
メガネ1本作るのにはフレームとレンズで約3-5万円くらいでしょう。
20代で近視になったとしても、生涯何本のメガネを作るかというと、レンズに傷もつく、フレームが壊れる、度が変わるなどの理由から最低でも8本くらいは作るでしょう。
単純計算をしても手術した方が安いのです。
ただ、手術した人にならわかることですが、メガネの着脱が不要で持ち運びしなくてよく、どこに行ったか探さなくてよく、水泳でも困らない裸眼というのが、いかに便利かということです。
好きなサングラスをかけることもできてうれしかったです。
視力はなくしてからでないと、そのありがたみはわかりません。
そして、再び視力を手にすると不便だった時のことを忘れてしまいます。
前述に勇気と20万円と書きましたが、多分1番の障害が勇気があるかどうかです。
不便さと勇気を天秤にかけて、どちらにかたむくかです。
手術そのものは99%と書きましたが、目に問題がない限り、技術的には安全だと考えていいです。
そのいい例が専門眼科による手術数の多さです。
毎日毎日すごい量の患者がよい視力をゲットしているのです。
しかも手術時間は短く日帰りでき、目そのものを傷つけないため、傷みは翌日に消えて視力が得られるという実績です。
その感動が人伝いに広がっているというのが現状です。
コンタクトは黒目に装着する異物ですが、レーシックによる新たなレンズ加工はほとんど目に一体化してものなので、違和感がないのです。
コンタクトはメガネと違って、誰でも合うとは限りません。
涙の量の少ない人にとってはかなり目に負担です。
いくら素材がよくなったとしても1日中つけていていいというものでもありませんし、はずし忘れがあってもいけません。
今はコンタクトも使い捨て時代になったので、衛生面の管理は昔よりは楽になりましたが、その分コストもかかります。
その意味でもコンタクトを使っている人はなおさらレーシックをお勧めします。
それでも目に施す手術ですから、怖いという思いが勝てば手術に踏み込めません。
それとあと手術を受ける年齢ですが50代を超えると老眼がはいってくるので、レーシックを受けるべきかどうかは迷うところかと思います。
近視で老眼がはいると手元は裸眼で見える状態なので手術をうけて近眼をなおして、老眼鏡をかけますかという問題が残ります。

MAIN MENU