「レーシックと視力」

視力は皆さんいきなり悪くなったのではないと思います。
子供の頃はほとんどの方は視力はよかったのではないでしょうか。
しかし、パソコンやゲームが普及するようになり、仕事で毎日パソコンを使ったり、
ゲームも今ではいろいろな機種が増え、それは楽しいと思います。
私たちが小学生くらいの頃は、特別目が悪い子意外はほとんどの子供が視力は1.0
以上ありましたが、現代の子供たちはゲームが普及しすぎて、小学生の高学年とも
なると視力が0.5~0.7と、統計的にもとても視力が落ちています。

この、「目が悪くなる」という症状は、遠いものが見にくい「近視」か、物が二重に
見えたりぶれたりする「乱視」、そして近いものが見えにくい「遠視」のどれかの
症状だと思いますが、こういう症状は眼の角膜の屈折の異常で起こっているのです。

眼が「正視」といって、屈折の異常がない状態の眼は、遠くを見たときに網膜上に焦点を結びます。目に入ってくる光は、角膜→水晶体の順で網膜にと到達します。
しかし、先ほどの近視や乱視、遠視という症状はこのようになりません。

まず、近視の状態は遠くを見た時に通常はピンとが網膜上にあるものが、ピントが網膜の手前に来てしまう状態のことです。

次に遠視ですが、遠視は近視とは逆で、光の屈折率が弱すぎたり、様々な理由で焦点が
網膜よりも後ろにいってしまう状態のことです。
遠くは見えるのに、近くが見えない、見にくい、ぼんやりするという状態になります。

最後に乱視ですが、角膜と水晶体のゆがみによって起こります。
凸レンズや凹レンズを使っても網膜にピントが合わない状態です。

この近視や乱視、遠視という症状は、角膜の屈折の異常が原因で起こっています。
ですので、眼鏡やコンタクトレンズで一時的にそのずれを補正して見えるように
しているのです。

レーシック手術は近視しか治らないと思われている方も多いかもしれませんが、
近視も乱視も遠視もレーシック手術によって治ります。
手術費用が高いと思われているかもしれませんが、眼鏡やコンタクトレンズも
かなり費用がかかっています。
眼が悪くなるとそう簡単には戻りませんので、今コンタクトレンズや眼鏡をしている
人は一生付き合っていかなくてはいけません。
その一生分のコンタクトレンズや眼鏡の費用を考えるとレーシック手術で視力自体を
回復したほうが、どれだけ節約になるかと思います。

コンタクトレンズは24時間つけていられるわけではないですし、外し忘れると
角膜を傷つけ炎症を起こす原因にもなります。
眼鏡は身近に置いていないと、何もできないと思いますので、レーシック手術を受けることで、その煩わしさから開放されるのではないでしょうか。

MAIN MENU