レーシックで得られることは

視力回復のためのレーシックが流行しています。
その理由は、一度手術をすると裸眼の視力がよくなります。
そして、メガネを使っていた人でもメガネなしで本を読んだり日常生活ができたりするからです。
レーシックは近視の人の裸眼視力を回復させる手術です。
角膜屈折を矯正する手術のひとつで、レーザーを角膜の一部にあてて矯正することで視力を回復させます。
手術でレーザーを使うことと、部位が目であることから怖さが先に立ってしまう人も多いようですが、利点はとても多く注目されています。
まず言えるのは、メガネを買う機会が減るのがまず第一の利点です。
近視の人はメガネが必須。
そのため、メガネを買っていることでしょう。
このメガネ、同じものを長い間、ずっと使っている人もいるかもしれませんが、本当はそれはダメです。
定期的に買い換えて使うのが視力を悪くしないコツです。
眼科医等から推奨されているのはできれば1年に1度メガネを買い替え、そのときの度をきちんと測定することです。
毎年、度を測定してメガネを作ることで目が更に悪くなるのを避けるためなのですが、いくら値段の安いメガネを買ったとしても毎年のメガネ代金の出費は大きいものです。
しかも、裸眼視力が悪い場合はそれが生涯続いてしまいます。
その金額を考えると、一度の手術でその後のメガネ代は必要ありません。
しかもメガネなしの生活になることができ、メガネ生活に不自由を感じていた人にとってはとても助かります。
裸眼視力がいいと、メガネなしでも本が読め、テレビも見ることができます。
生活しているととても便利なことがわかるでしょう。
生活の面でもレーシックをすると利点があると言われます。
例えばお風呂や温泉が代表的な例です。
目がいい人にとってみると盲点ですが、目の悪い人はお風呂に入るときにメガネを取って入らなくてはいけません。
そして、裸眼だと視力が悪いのでお風呂場中ではものが見えにくいです。
シャンプーとリンスの違いもわかりにくく、いつもボトルの側面についている溝などを手探りで確かめているという人もいるのではないでしょうか。
レーシックをするとそれがなくなります。
シャンプー、リンスの違いも目で見てはっきりわかり、いつもお風呂に入る時に手探りで入っていて不安だった人は劇的に変わるといいます。
また、違う点でよく声を聞くのは、露天風呂が楽しめるようになったことです。
旅行先では温泉が露天風呂だったりして、そこから見る景色がすばらしいことがあります。
山や海の風景が裸眼でもはっきり見えるので、それが違ってきます。
露天風呂ではなくても、旅館についている内風呂を楽しむにもメガネをとっても見えやすいので旅行が以前よりも楽しめるようになったという人も多いです。
それ以外だと温泉内で日本酒を飲んだりするのも楽しむことができます。
長野県にある扉温泉などは畳が敷いてある部屋から外の景色を見ることができ、温泉でも景色も楽しめるところです。
そういったところの景色を楽しめるようになるので、レーシックはそれまでになかった生活を思い出させてくれるともいいます。
レーシックは手術を伴うので不安を感じる人も多いですが、した後は必ずしてよかったといいます。
もし迷っているなら、思い切ってレーシックをしてみてはどうでしょうか。

MAIN MENU