レーシックの魅力について

レーシックは、視力矯正のできる手術です。
最近ではスポーツ選手をはじめ芸能人でも行っているという人が多くなってきています。
テレビでもいろいろなところで取り上げられてきていますし、認知度が高くなると同時に人々の関心も高くなってきているように思えます。
私もレーシック手術を数年前に受けました。
当時は、上記のような体験談や、テレビで取り上げられることもあまりなかったため、手術という言葉を額面通りに受け取ってしまい、非常に不安を持っていたものでした。
しかし、病院側から手術にあたっての説明や、術後の説明などを丁寧に教えていただいたためその後は、不安もなく過ごすことができました。
レーシックを受けるにあたってはみんないろいろな諸事情があるかと思います。
私の場合は、幼少のころから目が悪かったわけではなく、中学生ぐらいになってから急に目が悪くなってしまいました。
そのため、まずコンタクトレンズを着用することにしました。
コンタクトレンズはメガネと違い目とレンズの距離が無いに等しいため、付け心地も抜群ですぐに慣れることができました。
しかし、慣れてくるにあたって様々な弊害も出てきました。
例えば、毎日の洗浄や煮沸などの面倒な作業です。
つい忘れてしまったりすると、その分レンズも痛みますしあまりよくないようです。
また着用したまま、眠ってしまうと目ヤニなどでレンズが動いてしまい目の裏側に行ってしまったりといったことも起こりました。
また、目が乾いてレンズが目から離れなくなり、何度も目薬をさして、目を潤ませてからとるといったこともあり、ケアを怠ってしまうとある意味、目に対して非常に危険なものになってしまうという不便さがありました。
コンタクトレンズを十年くらい使用したのち、既述した不便さ、また意外と洗浄液やそのほかでかさむ費用からから逃れるために、メガネとの併用を始めました。
メガネは目から少し距離があるため、これまでコンタクトレンズの視界に慣れていた私にとっては、視界に対して非常に違和感がありました。
ただメガネの良い点は着脱が非常に簡単ということです。
またコンタクトレンズにあった毎日のケアというものもありませんし、疲れ目になった時も目に違和感を覚えることもないし、乾燥した時に目薬をさすことも必要ないため非常に使いやすいものでした。
しかし、私の目の状態にはあまりどちらも向くものではありませんでした。
私は、乱視を持っていたため視力は安定することなく少しずつ見えづらくなってきていました。
そんな時に出会ったのが、最初に記述したレーシックです。
これによって私の生活は大きく変わりました。
仕事が忙しくてもレンズのケアや着脱に不安を覚えることはありませんし、メガネのように、常にかけているという不快感も全くありません。
見え方ですが、私の場合は、1.5まで回復したので日常生活を送るうえで大変助かっています。
当時、術後二か月くらいだったと思いますが、夜、運転中などに車のヘッドライトや信号の光がぼやけることがあり少し不安感もありました。
しかし、事前に説明を受けていた通り、ある程度の時間の経過によって軽減され、現在ではほとんどなくなりました。
レーシックは本当にもともとの自分の裸眼のようになじんでくれます。
その為、生活スタイルを大きく変える費用はありませんし、不快感も少ないと思います。
以上がレーシックの私が体験した魅力についてです。

MAIN MENU