「レーシックにかかるおおまかな費用は?」

レーシック手術の費用は以前に比べて、かなり安くなってきたのですが、それでも
まだまだ手術の費用は高く感じます。
手術費用はクリニックによっても、術式によってもことなりますので、正確な
金額は言えませんが、10万円から25万円の範囲で行われていることが多いですね。

ただ、この金額は手術の費用だけですので、これだけ用意していればいいということでは
ないのです。
レーシックの費用は手術費用だけではなく、事前検査の費用(多くのクリニックの場合は事前検査費用が無料のことが多いです)や手術後の合併症予防の薬代や、手術後にも
病院に行かなくてはいけませんし、定期健診など手術費用のほかにレーシックには
かかる費用がいろいろあるのです。

正確な金額はクリニックに問い合わせていただかなくてはいけませんが、手術費の中に全てを入れているというクリニックはとても少ないですので、完治するまでにいったい
どれくらいの費用がかかるのかは確認をしていただいた方がいいかと思います。

レーシック手術の料金設定は、クリニックによって様々ですので、手術費用にどんな
項目が入っているのか、その費用以外にどんな費用が必要なのかなど、きちんと確認しておきましょう。
手術したはいいけど、術後の検診に行けなくては意味がありませんので、確認が必要です。

なお、これはどのクリニックでも同じことですが、レーシック手術は健康保険を使うことはできません。緊急を要する手術でもありませんし、命は生活に関わる手術でもなく、
部類としては自由診療となってしまいますので、健康保険は適用されません。

全て自費で負担することになります。
「自己負担」と聞くとドキッとするかもしれませんが、加入している生命保険の種類によっては、手術給付金が受けられる場合がありますし、レーシック手術は高額ですので、
3月の確定申告で医療費控除を受けられる可能性もありますので一度確認して
みてくださいね。

費用と言うと、手術費用だけでなく、手術前や後に通院する通院費も費用ですし、
病院が遠い場合はその交通費も費用となります。
レーシック手術後はその日に帰宅することができますが、目を酷使する仕事などの
場合は医師がOKを出すまで仕事を休まなくてはいけない場合がありますので、休んでいる間に収入が入ってこないことになります。
ということは、その収入をマイナス金額として考える必要もありますので、費用が加算されることになりますね。
ですので、目を遣うような仕事やハードな仕事の場合は収入面が減ることも考えておかなくてはいけません。レーシック手術の日程を選ぶのもとても重要になってきますね。
とにかく、クリニックに連絡して、どんな費用が必要なのか、全ての費用を聞くことが
大切です。そして、無理のない時に手術日を設定することも大切ですので、医師と相談してくださいね。

MAIN MENU