「レーシックの危険性」

危険性と書くととても怖く感じますが、レーシック手術をするにあたり、全く
危険性がないとは言い切れませんので、レーシックの持つ後遺症や合併症などに
どんなものがあるのか説明しておきたいと思います。

まず、ドライアイですが、これはコンタクトレンズをしている方はなったことが
あるのではないでしょうか。
レーシックの手術ではレーザーを使って角膜の屈折を調整しているのですが、この時、
涙腺も一緒に焼ききってしまいますので、ドライアイになりやすくなります。
涙腺は約3ヶ月ほどで回復しますが、その間は、やはりドライアイの症状が出ることが
ありますが、回復しますので一時的なものです。

次にハロやグレアと呼ばれる症状ですが、この症状が出ないかと不安を抱えている
人は多いのではないでしょうか。
ハロやグレアという症状は手術の際にレーザーによって照射した部分とそうでない
部分から入ってくる光が乱屈折を起こす症状です。
見え方としては、夜間に町の光などを見るとぼやけて見えたり、車のライトが
極端にまぶしく感じる症状です。

また、夜間の視力低下が起こる場合があります。
これは、手術によってレーザーで角膜の屈折を矯正された部分を越えてしまうほど
黒目が開いてしまった場合には、本来の眼の調節力として見開いた黒目ほどの
光が得られないというもので、矯正された黒目の範囲の視力しか得られないので、
夜間に視力が低下してしまうという症状が起こったりします。

あとは、白目の充血があります。この症状は出る人が多いようです。
手術後に一時的に白目の部分に赤い血溜まりができるのですが、これはどうしても
手術でレーザーを使うので充血していまいます。だいたい3週間ほどで消えますので、
心配はありません。

次の症状は手術後に安静にしていれば問題ないのですが、「日内変動」と言って、視力が
その日のうちにころころかわってしまうという症状です。
特に手術後間もない頃は眼も疲れやすいので、疲れるとみえにくくなる可能性があります。
ですので、手術後は眼をいたわって、酷使しないようにしましょう。

次は、フラップ不良と呼ばれ、フラップを作るときに、フラップが切れてしまったり、
(フラップは通常完全に切り離されずつながっています)フラップが歪んで起こる
症状です。ただ、この症状はあまり起きることがなく、もし、フラップ不良だと
思ったときは、すぐに主治医に相談して、数ヶ月の間をおいて再手術をしなくては
いけません。主治医を選択するときは、経験豊富な主治医を探すようにしてください。

あとは、角膜が白く濁ってしまう「角膜混濁」と呼ばれる症状があり、これは視界が
白いもやがかかっているようになってしまいます。

と、レーシックの危険性についていろいろお話しましたが、とにかくレーシックの後に
少しでも眼の異常がある場合やすぐに主治医に相談してください。
そして、レーシックでのリスクを最小限にするには、セカンドオピニオンによって最小限に予防することが大切です。
トラブルのほとんどは、術式や機器の性能ではなく、術者の認識や経験によることが
大きいので、セカンドオピニオン、つまり複数のお医者さんの見解を聞いて、病院
選びを慎重にすることが重要になります。

MAIN MENU