「レーシックに関する誤解」

何度も言いますが、レーシック手術は裸眼視力を回復する手術です。
ここまで口がすっぱくなるほどお話してきましたので、これは皆さんも当然ご存知のことだと思います。
しかし、レーシックに対して間違った知識を持っている方はいないでしょうか。
レーシックに関する誤解があるといけませんので、よくある誤解を少しお話して
おきましょう。

今、このページを読んでいる方の中で、レーシック手術を受けると格段に裸眼の視力が改善されると思っていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?
もちろん裸眼の視力を回復させるのがレーシックなのですが、少し誤解があっては
いけませんので、説明すると、「目の性能自体をアップさせる手術ではないの?」
と思われた方は、少し違うのです。

レーシック手術は、角膜の屈折力を変えるという手術ですので「視力」の回復で
あって、「性能」の回復ではないのです。
例えば、眼鏡やコンタクトレンズを使用していている方で、「疲れやすい」とか「頭痛がする」「ドライアイになる」などの不快感に悩まされている方もいらっしゃると思います。
しかし、このような不快感はレーシックをすれば改善されるというものではなく、
自分に必要な視力と矯正している、眼鏡やコンタクトレンズの度数の間に差がある
ことで多く起こることですので、今の眼鏡やコンタクトレンズの度数を見直す
ことですから、現在の矯正度数を見直すことで、不快な症状の大部分は解消されることが
多いのです。

もし、このような症状でレーシックをしようを思っていた方は、度数をまず変えること
です。
しかし、このような症状を改善した上で、やっぱり眼鏡やコンタクトレンズは煩わしい、眼鏡やコンタクトレンズができないというような状況にあるのであればレーシック手術を
受けるかどうかという検討に入ってもいいのではないでしょうか。

目のことで改善されないからと言って何でもレーシックにつなげてしまうのではなく、
選択肢はいろいろあることを忘れないでください。
レーシックのことばかり考えていると、レーシックでしか改善されないかのように
思えてきますので、まず目に不快感があるのであれば、どうすれば改善されるかを
医師と相談しましょう。
その相談の中で医師の口からレーシックという方法もあるよと言われれば考えれば
いいですし、逆に、自分でもあまりにも辛い状況であるならレーシックはどうなのでしょうかということを医師に聞いてもいいと思いますが、とにかく何でもレーシックという
考えは、選択肢を誤ってしまう可能性もありますので、まずは相談することから
はじめましょう。


MAIN MENU