「レーシックで視力はどれくらい上がる?」

レーシック手術とは、裸眼の視力回復手術です。
裸眼の視力回復と聞くと、とても大掛かりな時間のかかる手術かと思われるかもしれませんが、レーシック手術は目の手術の中でも軽度なもので、決して大がかりなものではなく、手術時間は20分~30分程度と、とても短く日帰りできることが特徴です。

20分~30分の手術と聞くととても簡単な手術のようですが、効果的なものは抜群で、目安としては今まで眼鏡やコンタクトレンズを使っていた時と同じくらいか、それ以上に
回復することが可能です。
そして、これもレーシックの特徴なのですが、視力回復は手術後すぐに見られます。
さらに翌日には視力が回復している方も非常に多いのです。

ただ、レーシック手術後一旦視力が下がる方もいらっしゃいます。
例えばレーシック前の裸眼視力が0.3で、レーシック後に2.0にまで回復する方も
いらっしゃいますが、大体落ち着くのは、1.0以上の視力になります。
その1.0以上の視力が維持できるので、日常生活には何も問題はありません。

レーシック後に2.0も視力があれば、大体落ち着くのは1.5くらいではないでしょうか。日常生活で1.5以上の視力があれば全く問題ないと言えます。
ただし、視力には個人差があるので、確実にどこまで回復するとは言えません。
あまりにも近視がひどい状態だと1.0で落ち着く場合もありますし、そこは医師に
どのくらいに落ち着くのか予想を聞いておくといいと思いますよ。

視力が落ちる人がいるという話をしましたが、逆に例えば手術後に1.5で、そのまま
1. 5で落ち着くという人もいますので、全ての人が一旦視力が落ちるわけでは
ありません。
視力の回復度合いや回復スピードは人それぞれですので、裸眼で1.0以上あれば御の字ではないでしょうか。

レーシックは芸能界でも受けている方はたくさんおられます。
その中にお笑い芸人の「しずる」の村上純さんもおられますが、村上さんは、裸眼で
左眼0.1、右眼0.03と、ほとんど見えていない状態です。
ここまで悪いと眼鏡やコンタクトレンズがなければ生活できません。
しかし、レーシック手術を受けて、左眼1.5、右眼も1.5にまで回復しました。

他にも、かなり眼が悪い方が手術を受けておられますが、平均1.5くらいまでは
皆さん回復しているようです。

ただ、先ほどもお話しましたが、人それぞれ回復の度合いや回復スピードが違いますので、最初の事前検査の時に医師にどれくらい回復するのか、そしてもし持病などがあれば
副作用や後遺症の心配はないのかも確認しておく必要があります。
ここで確認をしておかないと、手術後に自分の想像していたことと違うということに
なりかねません。

もし、事前検査や医師との相談で自分の納得のいく結果が得られそうにない場合は
他の病院でも見てもらうなど、セカンドオピニオンで他の病院に相談しに行くことも視野に入れておくといいと思います。
病院によって、設備も医師の見方も違いますので、一つの病院にこだわることはないと
思いますよ。

MAIN MENU