「レーシックは痛い?」

レーシック手術はとてもすごい手術だと知っている、でもやっぱり怖いのが「痛さ」
だと言う方も多いと思います。

何でも未知の体験をするというのは不安や恐怖がつきまといます。
では、レーシック手術も痛さを感じるのでしょうか。

レーシック手術は眼科の手術の中でも簡単なほうで、点眼麻酔だけで行われます。
手術中は麻酔が効いていますので、もちろん痛みを感じることはありません。
ただ、手術中の10分~15分程度は点眼麻酔なので、眠っているわけではありません
ので、眼を触られているような感触を感じますが、痛みはありません。

麻酔の効いている間は痛みを感じることはありませんが、それは皆さんもご存知だと
思います。皆さんが気にしているのはその後のことでしょうか。
手術後の眼の異物感は医師から処方された薬を服用して、しっかりケアをしていれば
問題ありませんし、麻酔が切れた時の痛みというのは、どの手術をしても同じですので、
時間がたてば問題ありません。
もちろん、あまりに痛いときは医師に相談すれば対処してくれるはずです。
この、手術後の痛みも、個人差があり、全く痛くなかったと言う方から家に帰るまで
ずっと痛かったと言う方まで様々です。

あと、手術後の痛みで考えられるのは「フラップをめくる技術不足」が考えられます。
ほとんどの作業が機械によって行われるレーシックですが、フラップをめくる作業だけは医師の手によって行われます。
経験豊富で技術もある医師なら数秒で終わらせるのに、経験があまりない医師の場合は
数分間にも及ぶことがあります。
そのダメージによって手術後に痛みが出てしまうということがあります。
これを改善するには、やはりクリニック選びがポイントとなるのではないでしょうか。

口コミやクリニックの評判、そしてどんな機械を使っているのかなど細かく検討して
クリニックを選ぶようにすればこの問題は防げると思います。

あと、レーシック手術で痛みを感じると言えば、手術の時に目を大きく開く機械をつける
のですが、その機械をつける時に多少の痛みを感じます。

目の大きさは人それぞれ違いますから、目が小さい人ほど機械を付けるときに圧迫感を感じる人が多いようですね。しかし、それを「痛い」とまで感じる人は少ないようです。

と、痛みについてお話してきましたが、レーシックはクリニックをきちんと選べば
痛みはほとんど感じない手術だということがわかると思います。
とにかくクリニック選びは慎重にすること。何なら一度クリニックに行ってみても
いのではないでしょうか。そのクリニックで手術するのも通うのもあなた自身ですので、
納得いく上で手術したほうが精神的にも落ち着きますしね。

MAIN MENU