「レーシックで視力が回復しない、結果が出ないということはあるの?」

レーシック手術は厚生労働省の認可がおりているということからもお分かりだと思いますが、レーシックは安全性・成功率の高い視力回復手術の一つです。
しかし、とても低い割合ですが、満足できない結果が得られたケースもあります。

視力が回復しなかったということではなく、回復した視力や見え方に不満を感じる
というケースがほとんどです。つまり、「自分が目標としている視力以上にならなかった」
ということです。
原因としては、近眼が強すぎる、角膜が薄いなどという場合に満足のいかない結果に
なってしまう場合があるようです。

レーシックをする前に必ず事前審査「レーシックができるかどうかの検査」がありますので、そのときに自分の視力がどのくらい回復するのかをきっちり医師に確認することが
必要です。
そして、その視力が自分の目標とする視力になるのか、ならないのか、診断結果を
医師と十分相談して自分が納得した上で手術を行うことが重要です。

あと、手術結果に満足が得られないケースは「見えすぎるコンタクトレンズや眼鏡を
していた」と言う方が不満を感じているようです。
コンタクトレンズや眼鏡で「とても良く見える状態」だった為、レーシックを受けて
回復した視力に不満を感じるというものですが、目というのは見えすぎると逆に目に
負担をかけている場合があります。

日常で必要な視力は0.7~1.0あれば十分だと言われています。
それが、眼鏡やコンタクトレンズであまりにも見えすぎる状態だと逆に目が疲れて
しまうということもあります。
レーシックは視力自体を回復するものですが、目は遠くを見るためだけにあるのではなく、景色や質感、色調などのバランスも必要ですので、遠くまで見えればいいという
わけではありません。ですので、このケースも最初のケースと同じように、自分の視力を十分理解し、医師と良く相談して納得できるかというところが重要です。

レーシックを受けて視力が回復しないということはありません。
視力は必ず回復します。ただ、自分が思っていた視力と違うと感じたときは、遠くばかりを見ることばかりに気をとられず、景色の見え方や質感の見え方などもレーシック以前の
裸眼と比べて鮮明に見えていれば十分だと思います。

お医者さんは、その方その方で眼の問題が違いますので手術方法を選ぶ必要があります。
しかし、その人にあった手術方法を提示してくれますので、事前審査のときに、
どれだけ医師と密に相談できるかで、目標の視力に回復するかどうかというところにも
つながってくると思います。

もし、満足がいかなかった場合、角膜の厚みが十分に残っていれば再手術を受ける
ことも可能です。
満足が得られなかった、不具合が出た場合に再手術を無料で行ってくれるクリニックは
多々ありますので、事前に調べておくといいのではないでしょうか。

MAIN MENU