「レーシックの失敗」

レーシック手術は、直接眼を触りますし、レーザーを当てたりと、「もしかして失明とか
するのでは?」と不安に思っている方もいらっしゃると思います。

しかし、レーシックは現在行われている手術の中でも、安全性も高く、短時間で確実に
視力回復ができる、とても簡単な手術なのです。
結論から言うと、「理論上、レーシックで失明するということはありません」

レーシックの先進国アメリカでも、今までに失明の報告はありませんし、日本でも
レーシックが認可されてから10年以上たちますが、失明の報告はもちろんありません。

では、なぜ失明しないと言えるのかを話していきましょう。
レーシック手術とは角膜の上皮にレーザーを当てて、角膜を削り、屈折の仕方を
変えて正常の状態に戻すように調整することで視力を回復させる手術です。

そこで気になるのが角膜をいじっても失明する危険性はないのかということだと
思うのですが、角膜は目全体で言えば一番外の部分にあたり、目が見える部分とは
全く関係のない場所になのです。
ですので、レーシックで失明するということはありません。
先ほども少しお話しましたが、日本国内で年間40万人以上がレーシック手術を受けていますが、失明したという報告はありませんし、レーシック先進国のアメリカでは年間
なんと100万人の手術を行っていますが、失明したという報告はありませんので、
失明に関しては安心してくださって結構だと思います。

ただ、失明となると話は大きくなりますが、安全性の高いレーシックでも100%トラブルがないとは言えません。100%という数字は絶対という数字ですので、この100%
トラブルが起こらないとはいえないのです。
もちろんレーシックに限らず手術で100%はどんな手術にもありません。

レーシックで起こるトラブルは、「レーシックの副作用」や「レーシックの後遺症」などの
ページでいろいろ説明してきましたが、副作用や後遺症のように技術面や術後の過ごし方で発症してしまうこともありますが、感染症ということもあります。
レーシックを行うクリニック側が殺菌や滅菌処理をきちんと行っているクリニックでは、まずこの問題は起こらないと思いますが、適応検査時にクリニックの状態が清潔であるかなどもチェックしておきましょう。
ただ、滅菌処理などをきちんと行っていても、予期せぬトラブルで感染症になる場合も
ありますが、その確立は1万人に1人程度だと言われています。

レーシックの技術や機械の向上はとてもすごく、とても早いスピードで向上しています。
ですので、今までにお話した副作用や合併症なども、後々なくなるかもしれません。
現に機械の向上で初期のような後遺症や副作用、合併症を起こすようなことはありませんので、これからもレーシックの技術の研究は進んでいますから、クリニックさえしっかり
選んでおけば問題ないと思いますよ。

MAIN MENU