「レーシックと保険」

レーシック手術は、費用がどうしてもかかってしまいます。術式によって異なりますが、
10万円~25万円くらいの金額です。
普通からすると高額ですが、コンタクトレンズをずっと使い続けることや、眼鏡を何度か
購入することを考えればレーシック手術はとても経済的です。
しかし、高額な費用がかかることも事実です。その費用をどうやって捻出しようかと
思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、役立つ情報をお伝えしたいと思います。
まず、どんな方でも社会保険や国民健康保険に加入されていると思いますが、
手術と言っても、レーシックは美容整形手術や脱毛治療と同じ扱いとなり、自由診療の
部類に入ってしまいますので、社会保険や国民健康保険は適用されないのです。

しかし、医療控除の対象になる可能性はありますので、税務署などにより解釈が違うこともありますので、お近くの税務署に相談されるといいと思います。

そして、生面保険や医療保険に入っている方ですが、ご加入されている保険内容により
異なりますが、手術給付金が受け取れる可能性があります。
ただし、これも確認が必要ですが、同じ会社の同じ医療保険などに入っていても、
数年前からレーシック手術は給付金の対象外となっています。というところもあります。

こういう会社では、同じ保険に入っていても、改正前に入っている方は給付金がおりますが、改正後に保険に加入された方には給付金がおりないというケースがありますので、
きちんと確認することが必要だと思います。

実は、レーシック手術がはやりだし、レーシック手術でも給付金がおりると知った人たちが、そのために保険に加入し、加入後すぐに手術をして給付金だけを受け取り保険を解約
する人が続々出たらしく、レーシック手術は給付金対象外となってしまっている会社も
あるそうです。

ですので、まず、自分の入っている保険が給付金対象内なのか、そしてレーシック手術
は対象外となった前に保険に加入しているのかなどを確認して、きちんと給付金が
おりるのかどうか、確認することをお勧めいたします。

保険内容にもよりますが、給付金で大半の手術費用をまかなえる保険もありますし、
全額出る保険もありますので、聞いて損な話ではないと思いますよ。
そして、確定申告で医療費控除の申請をすることも忘れないでくださいね。

ただ、先ほどもお話しましたが税務署により解釈がことなりますので、レーシック手術が
医療費控除の対象内なのかを確認しておきましょう。

レーシック手術は高額ですので、躊躇するのも無理はありません。
しかし、保険や医療費控除をうまく使えば、さほど負担なく手術が受けられますし、
なんと言ってもレーシック手術でコンタクトレンズや眼鏡をかける必要がなくなり、
とても経済的です。
コンタクトレンズにいたっては、3~5年使い続けるとレーシック手術の費用を軽く
超えてしまいます。
ですので、レーシック手術は、眼がよく見えるようになるだけではなく経済的に考えても
損をすることではありませんので、検討してみてはいかがでしょうか。

MAIN MENU