「こんな症状でもレーシックは受けられる?」

レーシック手術は「目が悪い」と言われる、近視や遠視、乱視などの視力を回復する
手術ですので、目に関わることだけと思われがちですが、患者さんの状態によっては
手術することができない場合があります。
目のことだけではなく、内科的な疾患をお持ちの方は感染症になる可能性が高いのと、レーシックによる効果(視力回復)が低い、見込めないと言う方は手術を受けられない
可能性がありますので、次のような方は必ず医師に相談するようにしてください。

「18歳未満の場合」「60歳以上の場合」「眼に何らかの疾患がある場合」「妊娠中、
授乳中の場合」「内的疾患がある場合」「運転手や格闘かなど、術後の一時的な症状が
職務の妨げとなる、目を負傷する恐れがある場合」「適応検査で不適応と診断された場合」
などが挙げられます。
特に、全身性血管炎や糖尿病、アトピーなどの全身の病気がある場合は、レーシック手術後の経過に大きな影響を与える可能性がありますし、危険性も高まるので手術を行うことができないケースもあります。

内科的疾患の症状が改善すれば適応検査結果次第で手術することは可能です。
もし、レーシックが受けられない方でも視力回復の治療法はレーシックだけではありませんので、他の視力回復方法を医師が検討してくれると思いますよ。
眼鏡やコンタクトレンズのない生活というのは、目の悪い人にとっては夢のような
話ですので、どうしてもレーシックに目が行きがちですが、もしレーシックを受けられないとしても気を落とさず、あきらめずに医師に他の視力回復の方法を相談してみて
ください。
あとは、セカンドオピニオンという手もありますので、一つの病院ではなく、他の
病院に行ってみるのもいいと思いますよ。

そして、よく聞くのが、「花粉症なんだけど、レーシックは受けられるのか」という
ことなのですが、結論からお話すると受けることは極端な場合は除いて、花粉症に限らず
アレルギー性結膜炎の方でもレーシック手術を受けることは可能です。

あとは、レーシックを受けられるのですが、時期を待たなければいけな場合が
あります。それは、花粉症などのアレルギー症状が出ている方です。
鼻炎や花粉症など、アレルギー症状が出ているときは、手術後に目をこすってしまう
可能性があるからです。
レーシック手術後に目が完治する前に目をこすってしまうと、フラップがずれたり
しますので、そのため副作用や後遺症が残ってしまう原因となりますので、
アレルギー症状がある方は、アレルギーが出にくい時期や、アレルギーが治まっている
時期を見計らって手術することになると思います。

最後に、「18歳未満の場合」は手術が受けられないと書いてありますが、20歳未満は
保護者の同意や承諾が必要です。
18歳未満の未成年がレーシック手術を受けることができないのは、まだ目が成長
段階ですので、成長の妨げになるほかに、近視などが進行している場合もありますので、
視力が安定するまで、いわゆる成人するまでは手術ができないのです。
成長途中ですので、視力が回復されるという場合もありますので、未成年や20歳までの
方で、さほど視力が悪くないのであれば急いでレーシックを受ける必要はないと思います。

MAIN MENU