「レーシックと老眼」

レーシック手術では、近視・遠視・乱視は治るということはご存知の方もいらっしゃると
思います。

しかし、老眼も改善されるということはご存知でしょうか。
老眼と聞いて「老眼って聞いたことはあるけど、どんな症状かわからない」という方も
多いと思いますので、まず老眼が何か説明していきたいと思います。

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、近視や近眼とは違い、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の一つです。
個人差はありますが、誰もが老眼にはいずれなります。
もちろん誰もがなるものですので、近視・近眼の人でも老眼になります。

最近では、老眼と同じような症状が子供や20代、30代の若い人の間でも増えてきて
います。
それは読書やテレビ、パソコン、ゲーム、携帯電話などを見続けているため、起こっていると考えられています。
目を酷使することで目に負担がかかり、衰えてしまっていることが原因のようです。

症状としては、近くのものを見る際に目をしかめっ面にしないと見えないということ
はありませんか?
これは、ピントが合っていない証拠で主に40歳前後の中年以降に見られます。
ただ、先ほどもお話したように最近では若年化が進んでいますので、もっと早くに
こういう症状になる人もいます。
「遠くはよく見えるのに、近くのものがよく見えず疲れてしまう」、
「小さい字を見るときは、少し遠くに離すと見えやすい」などの症状が出れば老眼の
可能性があります。
明るいところでは、見えるのに、薄暗いと見えにくくなるということも特徴です。

この老眼という症状がレーシック手術で、治るということなのですが、ただ単に
レーシック手術をするのではなく、応用することになります。
かなり専門的な技術が必要ですので、確かな腕と実績、そしてそれなりの設備が完備
されている病院を探すことが最も大切なこととなります。

ちなみに、これもレーシックの一つなのですが、今注目されている老眼を治す方法は、
片方の目を遠くが見ることができるようにして、もう片方の目を近くが見えるように矯正をしていき老眼鏡をすることなく生活できるようにするという手術です。
レーシックは応用すれば、目のあらゆる病気に対応できる、とても優れた手術方法
なのですね。

もし、老眼のことで悩んでいるのであれば、一度お医者さんにレーシックのことを聞いて
みてください。きっと解決できる方法がみつかると思います。

MAIN MENU