「レーシックの合併症」

レーシック手術を受けるにあたり、レーシックに関わる知識は必要だと思います。
レーシックは直接眼を触る手術ですので、合併症が全くないとは言い切れません。
ですので、レーシック手術後の合併症にどんなものがあるかお話しておきます。
ただし、起こる確率は低いものが多いですし、回復していくものが多いので、
参考程度に頭に入れておいていただければと思います。

合併症は副作用と似ているところもありますが、副作用以外に「コントラスト」という
症状が出るときがあります。
これは、レーシックにより、夜間や薄暗い光のところで視力が低下するという症状です。

そのほか、「スターバースト」と呼ばれる症状があり、これも夜間ですが、街中などの光が星の光が爆発したように放射線状に広がって眩しく感じる症状です。

あと、「ヘイズ」という症状ですが、角膜が混濁している状態でし・
ハロやグレアと同じように、光がぼやけて見える症状で、コントラストの低下によって、全体に白っぽく見えるようになります。よくなるまでに半年近くかかりますが、
ごくまれに長期化することもあります。

そして、「フラップ不良」と呼ばれるもので、レーシック手術で機械の性能や扱いが
未熟な執刀医によって起こるもので、原因はいろいろあります。
イントラレーシックであれば、こうしたフラップ不良が起こる確率が格段に低いと
言われていますので、今ではイントラレーシックが主流ですので、さほど心配すること
ではないと思います。

次に「サハラ砂漠症候群」呼ばれる症状で、少し聞きなれない言葉ですが、
この症状はフラップ面に斑点や砂状の濁りができる症状のことです。
発生率はとても低いのですが、一度起こるとなかなか治らないのが特徴です。
また、遠視や不正乱視を引き起こす可能性もあります。
ですが、今主流のイントラレーシックであれば、この現象は皆無に近いと言って
いいと思います。

あとは「角膜拡張症」と呼ばれる症状で、レーシックで角膜を削るときに中心部分を
削りすぎてしまうことで起こる症状です。
レーシックでは角膜を削るのですが、その薄くなった角膜が眼圧に耐えられなくなり、
飛び出してくる症状です。

と、合併症についていろいろお話してきましたが、怖いなと思う症状もあるかも
しれませんが、どんな手術も100%の確率を誇るものはありません。
時間が経てば治るものや、今の技術では皆無だというものもありますので、
頭の隅っこにでも置いていただけたらと思います。

MAIN MENU